ネットショップの運営方法

インターネットの可能性を十分に引き出す

セレクトショップをインターネット上で運営することで、実店舗よりも多くのお客さまを確保できるチャンスが広がります。
販路が地元だけでなく、日本全国だけでなく世界中を対象にすることも夢ではありません。
ただし、ネットショップを開業したからといって、必ずしも運営が順調に進まないかもしれません。
ライバルとなるネットショップが数えきれないほど存在しているからです。
他にはない商品を扱う、他にはないサービスを提供するなどの特徴がなければネットショップの運営もうまくいきません。
ここでは正しいネットショップの運営方法をご紹介します。

参考:http://precs.jp/blog/?p=1456

お客さまを集めましょう

ネットショップをオープンさせたらすぐにお客さまがやって来て購入してくれるとは限りません。
星の数ほど存在しているサイトの中からあなたのショップにやって来るなら、ほとんどが検索エンジン経由になります。
お客さまが求めている情報のキーワードを検索窓に打ち込んで検索すると、ズラッと検索結果が表示されます。
表示された順にサイトを閲覧していく方が多いため、できるだけ検索結果の上位に入る努力をしなければいけません。
そのためにはライバルを押しのけなければいけませんが、実際にはそう簡単にはうまくいきません。
簡単に上位表示させる方法としておすすめなのは、リスティング広告に出稿する事です。
リスティング広告はお客さまがクリックをする度に料金が発生し、キーワードによって単価が変わります。
激戦区のキーワードでは単価が高くなり、あまりライバルがいないようなキーワードは低単価で出稿できます。
あらかじめ予算を決めておけば予想以上に広告費がかかってしまった!という事態は避けられます。
他にもSNSを上手に活用してお客さまに興味を持ってもらい、サイトへ誘導する方法もあります。

独自のサービス

インターネット上にはあなたが運営しているネットショップと同様の商品を取り扱っているショップがたくさん存在しているはずです。
他のショップにはない独自のサービスを設けることで、固定客を掴むこともできます。
例えばポイントサービスや送料無料や代引き手数料無料などの料金面、商品購入のアドバイスなど様々な独自のサービスを考えておきましょう。

最も重要なサービスは迅速な対応です。
ネットショッピングを活用するユーザーは、とにかく迅速さを求めています。
注文した商品はすぐにでも届けて欲しいと考えるのは当然です。
注文を受けた当日に発送を完了させるという対応をするのは当たり前の事だと考えてください。
商品に関する質問やクレームに対しても迅速に応え、お客さまに不快な思いをさせないようにしてください。
このようなサービスを万全に地道に行っていれば、きっとリピーターが増えていくでしょう。

ネットショップの作成方法

意外と簡単に作れる

a0003_001909
セレクトショップの商品を実店舗で販売するだけでなく、インターネットを活用して販売したいと検討している方の中には、ネットショップを作るのは難しそうだと思っている方も多いはずです。
パソコン操作に慣れていない方にとっては、かなり敷居が高いように感じられるかもしれませんが、実際に作成してみると思っていたよりも簡単に完成するものです。
ネットショップの作成方法を確認し、実際に作ってみましょう!

参考:http://www.netshop-life.net/

出店形式について

ネットショップを出店させる方法はおおまかに2種類あります。
まずは自分でドメインを取得してネットショップを構築する方法と、ネット上の百貨店とも言えるショッピングモールにする方法があります。
ネットショップでも実店舗と同じように土地となる場所を確保しなければいけません。
自分でドメインを取得するということは、自分で土地を購入して店を建てることと同じです。
オンリーワンのネットショップとしてお客さまにも覚えてもらえるメリットがあり、自由なスタイルでネットショップを構築できます。
出店したばかりの状態では、まだ誰にも存在を知られていないため集客するために様々な努力をしなければいけません。
集客のノウハウがなければ軌道に乗るまでにはかなり時間がかかると考えられます。

ネット上のショッピングモールの代表的な存在が楽天市場やヤフーショッピングです。
他にも様々なネットのショッピングモールが存在しています。
この場合はたくさんのお客さまが閲覧しているショッピングモール内に間借りする形で出店させることになります。
さほど苦労をすることもなく集客できる利点があります。

商品を売るためのホームページを作る

ネットショップの店舗になるホームページを作成しますが、自分でドメインを取得する場合もショッピングモールを利用する場合も基本的には自分でホームページを作ることになります。
どうしても自分では難しい場合には、専門の業者へ依頼すると素晴らしい仕上がりのホームページができあがります。
自分で作成するとどうしても素人っぽさが出やすいものですが、逆に味わいが出て良いと感じる方もいますので、予算やスキルに応じて選択してください。

商品を販売する際のシステムについては、ショッピングモールの場合は決済システムがきちんと備わっているので希望に応じて設定しておくだけでOKです。
自分でドメインを取得した場合は、決済システムを準備しておく必要があります。
ショッピングカートシステムを利用すると簡単に決済システムを導入できるので便利です。
初期費用は3000円前後、月額1000円前後の費用が必要になりますが、簡単に本格的なネットショップを構築できます。
圧倒的に運営コストが安いのは自分でドメインを取ってネットショップを構築した場合です。